スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロ

2000/01/01 00:00
本当の気持ちは 人の心を動かせる。
だから 他人の言葉を信じてみよう。
相手を もっと知ってみよう。

でも・・・
一体 何が真実なのか わからない

ココロの壁についての お話し。

相手が乗り越えてこないと仲良くなれないって?
自分らから取り除いてくことも 選択肢のひとつなのではないのかな?

キミの思いはいつも一方的で 自己解決に終る。
こちらは どうしていいかわからなくなる。

なぜ 一緒にいるの?と 感じながらも一緒にいる?
もっともっと知りたいから 一緒にいるのでしょう?
答えは いつも明確。

アタシの持つ壁は かなり高い。 しかも厚い。

誰かが無理やり入ってこようものなら はね付けてしまう。
やっかいな壁!

誰かに取っ払ってもらうんじゃなくて 自分で壊さなきゃ。
本当は 「もっと理解して」 そう強く望んでる。

‘大切だ’と言ってくれたから 私も大切にしたいと思い始めた。

それが 立場として確立していなくても
「かけがえのない人」と思ってくれた事が嬉しかった。
なにかを 感じてくれたんだと思うと 本当に嬉しかったのに。

愛されたい種を巻自分で巻いたなら 水をやり 肥料をやり
ちゃんと面倒を見ないと 大きく育たない。

欲しがってばかりいないで 
与えてあげないと 想いは返ってこない。

巻きっぱなしは ずるい。

「みんなに愛されてる」というのは
「だれからも ‘深く’愛されてない」

薄情な思いならいずれ・・・虚しさだけ残る。

悔しかったら 本当に 誰かを愛してみればいい。
そのたびに 傷ついて ボロボロになってもいいから。

そういう キミのことも 
アタシは きっと スキでいると思う。


自分で自分を乗り越えられないときって 
なによりも辛いけど―――

出会いは 方向性を変える。
「必然」 という言葉を信じる。

信じる事しか人と人との間に‘繋がり’はないから。



スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。