スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お振袖

2006/02/28 19:21
200602281921132
地味派手!
20060228192113
色っぽい襦袢

さて 手に入れました‘お振り袖’
ひそかに 嬉しかったりして(^m^*)

だって 成人式は着物ではなかったしね。
嬉し楽しい着付けの時間です。

振袖には珍しい しっかりとした‘ちりめん地’
地色がチャコールグレイで落ちついた派手さ。
ショーが終わったら お袖を切って着るつもりです。
先生に 「だめよ~」と云われたけど 着ます。
大枚はたいたんだから 絶対 着てやる!(笑)

襦袢は真っ赤で 先生に「色っぽいわねぇ」と云われた。
え? それは どういう意味? だめなの? いやらしい??

爽やか系 目指してる(嘘)私は
‘色っぽい’というコトバに拒否反応を起こします。
昔から・・・・・(遡っては中学生の頃より!)

NPO法人の着付け教室で
これまでは授業料も必要なかったのだけど これからが本番
専科(振袖専科)に突入です。
秋には 余裕で着付けられるようにならないと・・・
試験の採点も、担当の先生ではなく学院長さまの おでましらしい。
なんてたって 看板いただくんですものね。
お金を稼ぐというのは 本当に大変こと。
でも いただくつもりで頑張ります。
やれるときに やっておかないと!

  **
学生時代は試験なんて大嫌い。
数学なんて‘先生ごと大キライ’だったので
卒業するまで答案用紙を白紙で出し続け
とうとう 卒業するまで口も聞かないでいました。

毎度 追試験受けながら
なんとか乗り切ったけど・・・憎かったわぁ(笑)
そんな多感な年頃でした(ほんまかー)

――― 試験
人を‘試す’ような制度は廃止すべきだと思った。
もしかして ひと昔前に生まれていたら
学生運動にでも参加していたであろうと言われてた私が
着付けに こんなに頑張るなんて 自分でも笑えます。
好きだから できること(^^)
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

随分粋な振袖やん。好きな感じですわぁ。
で、本文はいつっっ(爆)



>いくちん★ 多忙につき ばてばて(嘘)
やることいいぱいで追いつかないんよ~
私が3人いればいいのに!(笑)
いつか 着物着て 萬斎さま行きませう♪
(ああ 5月の東大寺公演 惜しい・・・)




Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。