スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の効能

2008/03/04 08:02
20080305080259
 言葉も滲むのだろうか・・・
だとしたら、滲むような言葉を使いたいなと思う。

昨夜は たぶん この冬、最後の法事だった。
「最後 最後」だと言い聞かせて 時給のない‘お勤め’のように仕える。


段取りがわからなかったので、朝、姑に電話をして予定を尋ねたけれど
なんやかんやと 独り言のように話すので 聞くんじゃなかったと思った。
彼女は いつも 自分本位に動く。

あんたは何時くらいに来れるのかと問われたので 「いつでも」と応えた。
法事のために 一日中 フリーにしておくのが 当たり前にようになった。
その方が 自分自身も苛々せずに済むから。 

二人だから 昼は 残り物を食べて・・・・・と 話は続く。
残りものは ‘すき焼’

それなら 自分家で食べていきたいなぁと思うけど
逆らうと機嫌が悪くなるから 何も云わない。

写真展用の写真をコピーするために 早めに家を出た。
やった! コピー成功!!
被写体を うまくフレームに収めるのって難しいから嬉しかった。
‘残り物’の嫌な気持ちは この一瞬で吹っ飛んだ(笑)
好きなことをやれるなら 残り物くらい食べてやる。

いざ出陣☆

どうやら 今回は買い物は済ませてきたらしく すぐに料理の準備に取り掛かれそうだった。
その前に ‘残り物’を始末せねば。

「あんた どうするの?」というので 「おうどん いれます」と答えた。
ご飯で丼・・・を予定してたみたいだけど それじゃぁ 犬のご飯になってしまいそう(><)
少しでも食べにくさから逃れる為に、卵 拝借。 

姑と差し向かいに座るのに やっと慣れた。
でも また 言葉が私を襲う。
「あんた なんで そんな少食なの?」
「残ったもの どうするの?」

私は 一昨日 すき焼だったし、残りものも食べたし
だいたい 自分家のじゃない残りものを食べるのは嫌だ。

残った うどんを 「ちびに食べさせよう」と 云い出した。
用事は 遅れてくる義妹に 「やらせればいい」と 意地悪そうに云った。

なんで 何でも 「させよう」とするの?

ご近所の話になって 「私は意地悪には慣れているから どうってことない」と唐突に云う。
どうやら 昔 色々‘された’らしいことを 今も恨んでる様子
だから 吐き出す言葉は恨み辛みが多いのか。

「あんたは いいように考え過ぎ」と また私を非難する。
私は いいように考え過ぎ、なのではなくて、そう考えるように努力してるだけ。
考えても どうにもならないこともあるからね。

幸せになりたい。と思う。

かすかすに渇いた言葉ばかりじゃ 幸せは 寄り付いてこないよ。














 
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。